デジカメ散歩写真

「建物礼賛」日本民家園・井岡家住宅(油屋)

c0009981_11412726.jpg
この建物は、奈良市街・柳生街道にあった油屋で、年代は17世紀末~18世紀初期(なんと元禄時代です)
創建時の姿になるべく戻して展示する事を前提とした民家園ですが、古い姿が目の前ですから驚きです..

注目は、正面右に設えてある「揚見世(あげみせ)」です..揚見世は、必要でない時は折り畳んで足が収納できる優れ物で、商家では商品陳列台として使われます..素晴らしいアイディアですね..
別名を「バッタリ床机(しょうぎ)」..上げ下げ時の音が名前の由来とか..面白いです..
c0009981_11413561.jpg
c0009981_11414293.jpg
内部は、右側半分が土間で、左側が手前からミセ・ダイドコロ・ザシキと奥へ長く三部屋が続いています..上写真は、日常生活の場「ダイドコロ」から商いの場「ミセ」を..下写真は、「ザシキ」で床の間を備えた接客の間です..
この雰囲気で、時代をかなり遡った錯覚に陥ります..土間から外へ出たら、紫陽花が咲いていました..
c0009981_11415085.jpg
c0009981_11415925.jpg

by humsum | 2006-07-28 06:01 | 建物礼賛