デジカメ散歩写真

「建物礼賛」日本民家園・鈴木家住宅(馬宿)

c0009981_4194238.jpg
茅葺きの屋根が見えてきます..福島市の奥州街道にあった南部駒の馬商人や馬方を泊めた旅籠(馬宿)です..
年代は19世紀初頭(江戸時代は文化・文政の頃)です..
見上げると、宿泊の部屋がある中二階と格子窓が見えます..その上の軒先は深く「せがい造」というそうです..
(ボランティアの方々の障子張りの作業中でした..)
c0009981_454171.jpg
c0009981_454878.jpg
内部へ入ると、右に土間が広がりますが、ここは十二頭が繋げた馬屋です..
左側は、奥へ納戸、茶の間、勝手と部屋が続きます..土間から見える左奥の部屋は座敷で、縁側から草花が咲く庭を眺めていたのでしょう..
c0009981_4212395.jpg
c0009981_46288.jpg
この建物の一番奥の勝手へ..囲炉裏が切られていて..今では、もうなかなか見ることが出来ない趣有る空間が広がっています..上がり込んで、煮炊きした料理をこの雰囲気で食べてみたいですね..(微笑)
土間から外へ出て..先程、座敷前にあった紫陽花咲く風景を裏側から堪能です..
c0009981_4692.jpg

by humsum | 2006-07-30 06:01 | 建物礼賛