デジカメ散歩写真

「建物礼賛」日本民家園・野原家(農家・組頭)

c0009981_1240914.jpg
前回の合掌造りは、長方形の短い方に出入口がある「妻入」でしたが..同じ五箇山でも、この「野原家」の建物は、長い方が出入口の「平入」です..(年代は、18世紀後期)
五箇山は、庄川の赤尾谷・上梨谷・下梨谷・小谷・利賀谷の五つの谷を中心した地域の総称で..野原家の建物は、「利賀谷(りがたに)」に在ったものだそうです..側面も見学、素晴らしい木組みに感動を..
c0009981_1454455.jpg
c0009981_18421971.jpg
中へ入って..珍しいものを見つけました..竹で編んだ大きな籠です..案内板(上写真)を読むよりも絵で一目瞭然ですね..この”一人乗りの竹製のロープウエイ” は「渡し籠」と言うそうです..当方、この時代に生まれなくてよかったです..高いところが、全く駄目なんデス..(苦笑)
c0009981_12401732.jpg
床上は、日常生活の場「オエ」と呼ばれる板張りの広間があり、囲炉裏が二つ切られています..(上写真)
天井を見上げると、ここにも先が曲がった太い梁「チョウナ梁」が迫力で横たわっています..(下写真) 自然の力を住まいに取りいれる発想が、本当に素晴らしいですね..
(「チョウナ梁」の「チョウナ」は、材木を削る大工道具だそうで、なるほど..そっくりです..)
c0009981_17495952.jpg

by humsum | 2006-08-20 06:01 | 建物礼賛