デジカメ散歩写真

「建物礼賛」庭園美術館・香水塔

c0009981_9485454.jpg
大広間左に次室が有り、白磁の大きなオブジェが設置されています...作者は、内装担当のアンリ・ラパン氏..
案内本からの抜粋を..宮邸設置時は「噴水塔」と呼ばれ、渦巻き状の頭部には灯りが点り..その下の噴水装置からの溢れた水が器の側面を流れるというオブジェだった..宮邸設置後は、この塔から香りを漂わせて..お客様を迎えたので、「香水塔」と呼ばれるようになった...

この香水塔の為に用意された部屋に見えてきます..なんとも贅沢な空間です..
c0009981_949251.jpg
c0009981_9491084.jpg
隣室の大客間から「香水塔」を..

by humsum | 2007-01-26 06:01 | 建物礼賛