デジカメ散歩写真

<   2005年 04月 ( 29 )   > この月の画像一覧

「美味良品」日比谷松本楼

c0009981_130482.jpg
c0009981_1303461.jpg
銀座から日比谷の散歩時に寄りました。明治36年のオープンの老舗中の老舗、日比谷公園内のレストランです。
当方は、ハンバーグを同行の方はオムレツライスを..このオムレツライスはおすすめの一品です。
その他に三階にて本格的なフランス料理も味わえます。
東京都千代田区日比谷公園1-2
by humsum | 2005-04-30 05:01 | 美味良品

「寂滅哀歌」ゴジラ

c0009981_15235316.jpg
c0009981_15273629.jpg 有楽町駅から「日比谷シャンテ」へ・・ここはテナント70店余りの地上3階、地下2階の商業ビルです。ビル前(合歓の広場)には、なんと「ゴジラ像」が・・銘板には「このゴジラが最後の一匹だとは思えない。古生物学者 山根恭平」の文字が・・
古生物学者・山根恭平は、昭和29(1954)年に作られたゴジラ第一作に登場した(志村喬さんが扮した)学者で、この巨大生物を「ゴジラ」と命名した。銘板の言葉はラストシーンの名台詞です。
50年にわたって楽しんだ「ゴジラ映画」も「ゴジラ ファイナルウォーズ」が最終版となってしまった。
(ゴジラ像の後には、スターの手形が並んでいます)
by humsum | 2005-04-29 05:01 | 寂滅哀歌

「風景晴景」勝どき橋

c0009981_18412840.jpg
c0009981_1841576.jpg汐留の高層ビル街から、築地本願寺、聖路加病院を見学しての散歩だった。ついでにもう此処まで来たのだからと出た「隅田川」だった。
もうかなりの距離を歩いて、日も傾きかけていた..気持ちは急いていたが足が動かない二人は、ただ黙々と隅田川のテラスを進む..向こうには、もう「勝どき橋」が見えて居る..元気を出そうと心の中では、カチドキをあげてみたが足はそのまんま..やっとの思いの思い出になった。(苦笑)
by humsum | 2005-04-28 05:01 | 風景晴景

「風景晴景」善福寺川

c0009981_15177100.jpg
c0009981_15173697.jpg東京杉並・善福寺池を源とした「善福寺川」が蛇行しながら、静かに流れています。
撮影場所は、左に既に紹介した「大宮八幡宮」右に「和田堀公園」を擁した「宮下橋」辺りです。
武蔵野の面影を残す木立の公園と川の間に 整備された遊歩道が続いています。春の桜から秋の紅葉まで、変化を楽しみながらの散歩が楽しめます。更に川を下ると、あの「神田川」と合流して「善福寺川」は終わります。
(下右写真中、左側が神田川、右が善福寺川)
by humsum | 2005-04-27 05:01 | 風景晴景

「見る薬」悪戯にも..

c0009981_6543265.jpg「シロガネーゼ: 港区白金界隈を拠点に活動するお洒落な主婦のこと」
余計な解説だわ!(苦笑)
c0009981_6552348.jpg
悪戯にもほどがある!!
クチガネ呼ばわりに..
シロガネーゼも怒った!!
と、思う..

by humsum | 2005-04-26 05:01 | 見る薬

「風景晴景」夕やけだんだん

c0009981_18284071.jpg
c0009981_18291481.jpg谷中ぎんざの商店街を抜けると..日暮里駅へは、石段を上ることになります。この石段に素敵な名前がついていました..「夕やけだんだん」です。
まだ一度も夕焼けの時間帯に巡り会った事がないのですが、イメージする夕焼けから田舎の綺麗だった夕陽と石段を連想してしまいました。
このだんだんが東京の谷中にあるからイイのですね..綺麗さでは田舎のも負けないとは思いましたが..勝負は、譲ることにしました..(微笑)
東京都台東区谷中5-11
by humsum | 2005-04-25 05:01 | 風景晴景

「風景晴景」岡倉天心記念公園

c0009981_16562582.jpg
c0009981_16565668.jpg築地塀を右にして、ぶつかったら右へ..「蛍坂」を下って「岡倉天心記念公園」に辿り着きます。
ここは、天心の住居跡であり美術院跡で業績を讃え公園に整備したものです。
天心は、明治22年に現東京芸術大学の前身である東京美術学校を創設し、校長を務めるなど近代美術史に大きな足跡を残した。更に自宅に日本美術院を創設し、ここから横山大観や下村観山等の多くの芸術家が生まれ育った。六角堂には、岡倉天心像が祀られているそうです。
東京都 台東区 谷中5-7-10
by humsum | 2005-04-24 05:10 | 風景晴景

「風景晴景」谷中・観音寺の築地塀

c0009981_744656.jpg
c0009981_752259.jpg朝倉彫塑館を出て、道を南下、幾多のお寺さんと出会います。
谷中は、明暦の大火後、寺院が移転して寺町を形成したところです。茶房・花へんろ、NPO・谷中学校迄来たら、角を右へ曲がります。
都内で唯一残された「築地(ついじ)塀」を見ることが出来ます。乳母車を押した若いお母さんとすれ違います。静かな散歩道です。
(区のまちかど景観コンクールでの「まちかど賞受賞」のプレートが飾ってありました)

所在地 台東区谷中5-8-28
(築地塀:土塀の上に屋根を葺いたもの..広辞苑より)
by humsum | 2005-04-23 05:01 | 風景晴景

「建物礼賛」朝倉彫塑館

c0009981_1610842.jpg
c0009981_155835100.jpg散歩は朝倉彫塑館が見たくて谷中をコースの出発地にしました。住居・アトリエ・朝倉彫塑塾として使われていた建物です。
中央に、自然の湧水を利用した、日本庭園があります。「五典の水庭」です。
設計は、朝倉文夫氏自身で、自己反省の場として儒教の教えを造形化した「仁・義・礼・智・信」の五つの巨石が配されています。

所在地:台東区谷中7-18-10 
設計:朝倉文夫
建築年:昭和9~10年(1934~35年)
by humsum | 2005-04-22 05:01 | 建物礼賛

「デジブな散歩」吉川錻力店

c0009981_16234833.jpg
c0009981_16241798.jpg日暮里駅から御殿坂を上り、谷中せんべいを過ぎて、ポストまで辿り着いたら左折します。その奥に、この建物があります。これでブリキと読ませるんですね。建築当時からのブリキ屋さんです。
一階の屋根が、瓦の代わりに銅板で防水した水平の屋根になっています。
更に、二階の戸袋は見事な銅板細工が施されています。戸袋の周囲が亀甲、中央部分は伝統的な網代の模様。無くしたくない建物です。

所在地:台東区谷中5-9-21
建築年:大正14(1925)年
by humsum | 2005-04-21 05:01 | 風景晴景