デジカメ散歩写真

<   2005年 12月 ( 24 )   > この月の画像一覧

「静物璃花」花で感謝を!!

c0009981_16314698.jpg
(2005年に掲載した花々を..)

2005年の沢山のメッセージに感謝しています!!
来年もよろしく、お願いします..
新たな年にまた、お逢いしましょう..
よいお年を!!
本編「デジカメ散歩」にて
私的散歩的十大ニュース..
2005年勝手に選んだ10箇所
を掲載中です..
by humsum | 2005-12-28 06:01 | 静物璃花

「建物礼賛」上野・表慶館階上からドームを

c0009981_1612090.jpg
c0009981_1614190.jpg
c0009981_162268.jpg
c0009981_1622434.jpg
c0009981_16535164.jpg
階段室をかなりの時間堪能して、展示室は急ぎ足で通り抜けドーム下へまっしぐらです..
階下からのドームも勿論、見事でしたが..接近しての二階からのドームは、更に見事さが増します..
金色の柱頭をもったイオニア式円柱が円を描いて並び..ドームを支えています
円柱一つ一つを丁寧に見ながら、まずは一回りしてみます..
円柱と円柱の間から覗くと..モザイクタイルの床から、見事なドームまで吹き抜けの美しさを堪能する事ができます..
ここでもドームだけでなく、フロアの見事な寄木細工も見逃さないようにしました..
by humsum | 2005-12-27 06:01 | 建物礼賛

「建物礼賛」上野・表慶館階段室・階上から

c0009981_604522.jpg
c0009981_611216.jpg
c0009981_61328.jpg
c0009981_615740.jpg
表慶館・階段室をやっと階上までたどり着きました...
この優雅な曲線を、今度は、上から狙おうって魂胆です..
高所恐怖症で、いつも目眩気味な当方ですが..不思議にカメラのファインダーからは正常に見れるのです..(苦笑)
それにしても・・・と、褒め称える言葉を探してみましたが..もう当方のボキャブラリーには残っていません..
黙々と撮影した中から、厳正しての掲載です..
階段室の先は、二階の展示室です..通り抜けて中央ドーム下へ進みます...
by humsum | 2005-12-26 06:01 | 建物礼賛

「風景晴景」聖なる夜の新宿を..

Happy Christmas!!
c0009981_8545579.jpg
ミロードデッキから..新宿高島屋・ドコモビルを..
c0009981_8552460.jpg
タカシマヤ タイムズスクエア・クリスマスイルミネーション2005
c0009981_8555472.jpg
c0009981_8561752.jpg
c0009981_8563677.jpg
↑高島屋前から、JR新宿駅南口辺りを..↓西新宿・高層ビル群  
c0009981_8565584.jpg
聖なる夜の光景を..先取りしようと新宿へ出かけてきました..
5年前の今頃だったでしょうか..大阪から姪っ子が遊びにきていて..
「はとバス・東京見物」を楽しんだ後に寄った「タカシマヤ・クリスマスイルミネーション」です
当時と比べると規模が小さくなったような気がしましたが、華やかさはそのままでした..
帰りは新宿西口からなので、高層ビル群のイルミネーションの光りも求めて..
(取材:12月21日)

by humsum | 2005-12-24 06:01 | 風景晴景

「建物礼賛」上野・表慶館階段室・踊り場から

c0009981_9482386.jpg
c0009981_9491355.jpg
c0009981_9493688.jpg
c0009981_950389.jpg
表慶館内の階段室をやっと踊り場まで..
前頁で、ご覧にいただけでしょうか..階段室は、建物両翼にドームを持った円形の塔のような構造をしています..
その中に、階段ですから、当然こういう形になるのでしょうが
それにしても、曲線の素晴らしいは、表現のしようがありません..
写真は、上からドームを見上げて..段々と階下までなるべく見える範囲を網羅しました
by humsum | 2005-12-23 06:01 | 建物礼賛

「建物礼賛」上野・表慶館階段室・入口

c0009981_6233396.jpg
c0009981_6235596.jpg
c0009981_6242019.jpg
c0009981_624409.jpg
階下からのドーム撮影に奮闘して、疲れも見せず(苦笑)..撮影禁止の展示室は急ぎ足で次へ..
建物の両翼に設けられている小ドームを持った階段室です..
入口前で、もう感動の連続シャッターを..
階段の曲線も入口のアーチも壁面の装飾もそれぞれが見事過ぎます..なんという優雅さでしょう..
沢山の人の通りです..チャンスを狙って..ここでも時間をかなり使ってしまいました..
c0009981_6261175.jpg

by humsum | 2005-12-22 06:01 | 建物礼賛

「建物礼賛」上野・表慶館ドーム

c0009981_1257421.jpg
c0009981_12572761.jpg
c0009981_12573869.jpg
表慶館内へ入りました...(建物の概要については前頁で紹介しましたので..館内撮影模様を..)
カメラ持参者には、案内嬢の優しい説明が..「撮影範囲は..ドームと階段のみです..」
事前にその情報は、知ってましたから笑顔で頷きます..階下からドームを入れた全体像の撮影は場所がなく、至難の業です..
柱に壁に..もたれ気味の姿勢での撮影です...
作者が同じ「迎賓館」も機会があって見学しましたが、館内全面撮影禁止でした..
幸せ気分に浸りながら..かなりシャッターを..
by humsum | 2005-12-21 06:01 | 建物礼賛

「建物礼賛」上野・東京国立博物館表慶館

c0009981_19262158.jpg
c0009981_14472784.jpg
c0009981_14511864.jpg
c0009981_1449242.jpg
「東京国立博物館本館」から、ユリノキを絡めて「東京国立博物館表慶館」を眺めます..優雅な建物ですね..
皇太子殿下嘉仁親王(大正天皇)のご成婚記念に造られた美術館ということで..
格が違う雰囲気を持っています..
訪ねた日は、この美術館を使って「華麗なる伊万里、雅の京焼展」開催ですが..当方、建物内部を見たくての参加です..(微笑)
いよいよ中に入ります..速報では、既に見上げたドームの写真をご覧いただきましたが..足もとにも注意です..
設計者・片山東熊氏と代表作「迎賓館」等については、下段及び解説頁を参照してください..

東京国立博物館・表慶館:「解説頁
c0009981_14495573.jpg
迎賓館(旧赤坂離宮):「解説頁

片山東熊(かたやま とうくま) 1854~1917
明治の建築家。維新後、横浜で英学を学び、1879(明治12)英国建築家コンドル(博士)が教鞭をとる
工部大学校造家学科(東大工学部建築学科)の第一回卒業生となる。
'86から宮内省に勤務、生涯を宮廷関係の建築造営に携わる。
by humsum | 2005-12-19 06:01 | 建物礼賛

「木」上野・東京国立博物館のユリノキ

c0009981_6532515.jpg
c0009981_6534986.jpg
「東京国立博物館」を堪能しました..今日の会場である「東京国立博物館・表慶館」(写真左)へ移動ですが...
敷地内にある「ユリノキ」の存在が気になります..
樹齢は、およそ120年とか..それにしても元気で存在感溢れていますね...
博物館の二つの大きな建物も翳んでしまうほどです..

「ユリノキ」については、こちらで詳しく拝見する事が出来ました..
by humsum | 2005-12-18 06:01 |

「建物礼賛」上野・東京国立博物館本館

c0009981_1630184.jpg
c0009981_1631356.jpg
c0009981_17102427.jpg
「東京国立博物館」は、正面に「本館」があって、左別棟で今回の展示会場である「表慶館」があります..
まずは、本館へ寄ります..この日は、「北斎展」が開催されていましたので..正面と玄関口からの撮影のみに
素晴らしい建物ですね..設計者は、渡辺仁氏です..(代表作と概要は、下段に..)
代表作を並べてみましたが、どの建築様式も、超一流です..それと、これだけの数が現存している事も素晴らしい事ですね...
c0009981_16383627.jpg
【渡辺仁氏・代表作】・上段左から和光ビル(旧服部時計店)、ホテルニューグランド(横浜)
下段左から第一生命館農林中央金庫ビル(現在、両ビルは統合して「DNタワー21」に..)

渡辺仁(わたなべじん) 1887-1973年
東京帝国大学工科大学学長の長男として生まれ、1931年(明治45年)に東京帝国大学を卒業。
鉄道省・逓信省を経て1920年(大正9年)に建築事務所を設立。
1931年(昭和6年)の東京帝室博物館(東京国立博物館)コンペ、1933年第一生命館コンペに一等入選する。
by humsum | 2005-12-16 06:01 | 建物礼賛