デジカメ散歩写真

<   2014年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

「下町散歩 - 子規庵と書道博物館」

c0009981_14431545.jpg
正岡子規の「子規庵」と、中村不折の「書道博物館」は道を挟んだ斜め向こうに..
晩年の子規は寝たきりの状態だったが、連日多くの弟子達がつめかけ、すざましいばかりの情熱で、俳句・短歌の革新に取り組んでいたそうです。
多くの弟子達も、友人の夏目漱石も中村不折もこの門を通って、中へ・・

by humsum | 2014-10-31 06:01 | 風景晴景

「花たち - 杜鵑草(ホトトギス)」

c0009981_17314719.jpg
知人に、蕾のままで頂いたのが..
消え入りそうだったのに、健気に咲いた..
花の模様が、鳥のホトトギスの胸の模様と似ていることからこの名が付いたとか..

by humsum | 2014-10-30 06:01 | 静物璃花

「空と雲と太陽と」落陽、今日の平和に感謝を

c0009981_1516552.jpg
冠雪の富士山を撮ってみたい
と粘ったのですが、恥ずかしいのか姿を見せてくれなかったです。
その代わりに素敵な落陽で、平和な一日が終わります..感謝でした。

by humsum | 2014-10-29 06:01 | 風景晴景

「下町散歩 - ねぎし三平堂」

c0009981_14331650.jpg
根岸に来たので、逢いに行きます。
昭和の爆笑王と呼ばれた林家三平師匠の記念館です。生まれ育った場所にあり、3階が展示室になっています。貴重な資料が並べられていて、師匠のデスクが特に印象的でした。

by humsum | 2014-10-28 06:01 | 風景晴景

「花たち - 紫紺野牡丹(シコンノボタン)」

c0009981_9175827.jpg
頂いた紫紺野牡丹を撮影、葉書印刷し..お礼に
一日花のようなので急ぎで撮影を..案の定、その日の終わりに花弁を全部落として・・切ない花でした。
花期は夏と秋、中南米原産、英名をスパイダーフラワー。

by humsum | 2014-10-27 06:01 | 静物璃花

「空と雲と太陽と」秋空を鯨泳ぐ。

c0009981_1838018.jpg

台風の数日後、飯食べて、ぼんやりと空を..
午後1時頃なのに「クジラ!」が泳いでいた。少し駄洒落。(微笑)
c0009981_1665627.jpg
一年生の教科書に「くじら雲」の話が載っているようです(微笑)
c0009981_168157.jpg

by humsum | 2014-10-25 06:01 | 風景晴景

「下町散歩 - 羽二重団子」

c0009981_5323029.jpg
日暮里駅からココへは、旧王子街道を通って..
「芋坂・羽二重団子」抹茶セットは、甘辛二種類の団子付きです..
正岡子規の「子規庵」が近くにあって、妹さんがしばしば買いにきた。子規はしょうゆの付け焼きを、虚子は餡を、好んだ..雑誌の記事からです。

by humsum | 2014-10-23 06:01 | 風景晴景

「花たち - 白粉花(オシロイバナ)」

c0009981_17505073.jpg
近所の花散歩で撮ったものです..
玄関先のタイルをバックに、変化のある背景になったと思います..
南アメリカ原産で江戸時代始めに渡来..
実をつぶすと出る白い粉が「白粉(おしろい)」代わりに使われていたと言うのが、和名の由来だとか..

by humsum | 2014-10-21 06:01 | 静物璃花

「下町散歩 - 駄菓子問屋横丁」

c0009981_17485496.jpg
日暮里駅前の問屋横丁に寄った..
懐かしい風景ではあるが..残念ながら新交通システム「日暮里・舎人(とねり)ライン」が出来て、ここは無くなってしまった..
これだったら「ブリキの金魚を箱ごと」連れて帰れば良かった..残念。

by humsum | 2014-10-19 06:01 | 風景晴景

「花たち - 紫酢漿草(ムラサキカタバミ)」

c0009981_17454572.jpg
環境省により要注意外来生物に指定されているそうです..
しかし、江戸時代末期に観賞用として導入されているので、話としては可哀想な気も..
南アメリカ原産であるが、北アメリカ、オーストラリア、熱帯アジアなどに帰化している。元気過ぎる花なんですね..

by humsum | 2014-10-17 06:01 | 静物璃花