デジカメ散歩写真

「新宿」記憶の中の泣き売..

c0009981_7103432.jpg
「泣き売(ナキバイ)」については、本編のシリーズ「南新宿・記憶回復的散歩」でも登場したが、当方が実際に遭遇したのは「万年筆の泣き売」だ..工場が火事になって、持ち出した万年筆を売らないと田舎へ帰れない・・じゃ皆で買ってやろうじゃないか!って筋書きだ..

調べてみたら、この他にも筋書きがあって、今度のは「偽物ゾーリンゲン」だ。
売り手は青年、サクラの客は理髪師風(これが堪らないッスね..苦笑)..設定は「勤めていた刃物問屋が倒産した。退職金代わりに現物支給された刃物を売らないと田舎へ帰れない」と..
今度は最もらしく、この真っ赤な偽物の理髪師さんが「こんなにキレがイイのなら店で使うから沢山分けてくれ!」って買って行くんだから、素晴らしい。(不謹慎..)
騙されるのを既に知っていて楽しんで見ていた観客も居たというのだから、イイ時代だった。

# by humsum | 2005-01-23 08:11 | 新宿