デジカメ散歩写真

タグ:建物 ( 116 ) タグの人気記事

「銀座」歌舞伎座前で逢いましょう..

c0009981_3183868.jpg
晴海通りを挟んで「歌舞伎座」正面撮影は、車が多く難儀でした..かなりの写真の中から..ブログでお世話になっている「excite」看板を載せたタクシーがいたので、それを採用..(ゴマスリ..苦笑)
歌舞伎座へ入ったのは、二回かなぁ..自国の芸能なのに、解説のイヤフォンを借りるって不思議な光景を..

肝心の待ち合わせの人ですが、結構待っていたらしく..ホッペが膨らんで、お多福に..こんな時は、五島のお義母さんへ送る記念写真撮影を!!!笑顔を作るしかナイッスから..(微笑) 最後尾にそっと載せました..

c0009981_3184730.jpg
c0009981_3185488.jpg
c0009981_31859100.jpg
c0009981_319589.jpg
c0009981_3193650.jpg
岡田信一郎 (おかだ しんいちろう) 1883~1932(明治16~昭和7)明治・大正期の建築家
早大講師・東京美術学校(東京芸大)教授として建築史・建築意匠を講じて、後進の指導にあたった。
[主な作品] 大阪市中央公会堂(重要文化財)、大阪高島屋、鳩山一郎邸歌舞伎座黒田記念館ニコライ堂修繕、博報堂、明治生命館(重要文化財)

by humsum | 2007-12-17 06:01 | 風景晴景

「渡良瀬バス旅行」ながめ余興場と高津戸峡

c0009981_5105397.jpg
早く着きすぎたバスは、総勢180名が降車したら..駅内では、邪魔になると..予定に無かった「ながめ公園」へ..景勝地「高津戸峡(たかつどきょう)」のながめが良いから付いた公園名とか..ナイスネーミングです..(微笑)

公園内に素敵な建物が..昭和12年生れの木造二階建で、廻り舞台や花道もある本格的な劇場..劇場名の「ながめ余興場」というものイイですね..料金表をみたら、大人300円..見たかったです..

c0009981_511027.jpg
c0009981_5114484.jpg
余興場前は展望台で、既に覗き込んでいる列が..「高津戸峡」の景観が目の前に..渡良瀬川の大間々流域に広がる渓谷で、遊歩道を散策できるとか..見学時間は、直ぐに過ぎて..再度、大間々駅へ..

c0009981_5111778.jpg

by humsum | 2007-09-21 06:01 | バス旅行

「紫陽花散歩」高幡不動尊・宝輪閣と常香炉

c0009981_11254770.jpg
仁王門をくぐって、正面に不動堂が鎮座していますが..先に、右側の建物から紹介を..
「宝輪閣」は、平成5年に竣工されたお札所で..節分には上層から福豆が撒かれるとか..かなりの広さです..大勢での豆撒きをTVニュース等で見た事が..建物の朱色も、千鳥破風と唐破風の屋根も見事ですね..
c0009981_15192725.jpg
c0009981_2162341.jpg
c0009981_559760.jpg
何方もやられた事があると思います..線香の煙を、治したい箇所に当てるとよいとされていますね..
調べてみたら「常香炉(じょうこうろ)」というのだそうです..線香は、一束百円..今までは、他の人が払った煙でやってました(苦笑)..今回は、勿論!百円で線香を..付き添いさんは、頭に煙を当てています..(微笑)
c0009981_0395.jpg
c0009981_12213047.jpg

by humsum | 2007-07-03 06:01 | 風景晴景

「紫陽花散歩」高幡不動尊・仁王門をくぐる

c0009981_413525.jpg
高幡不動尊へ「仁王門」をくぐって入ります..
門が目立っていた高幡不動界隈ですが、これぞ究極の門ですね..室町時代創建の門で国の重要文化財だそうです..昭和34年の修復で、本来の楼門のカタチに改修されたとか..
確かに中段の欄干あたりが新しく思えます..兎に角、木組みの素晴らしさは、感動です..

【楼門】 (ろうもん) 寺社などにある、二階建てになった門。下層に屋根がなくて上層に欄干付きの縁をめぐらしたもの
c0009981_12452653.jpg
c0009981_827501.jpg

仁王像は、金網越しに..残念ながら阿吽の形相がよく見れないですね..門は、黄金色の燈篭が下がり趣を..それと千社札が圧倒的です..以前散歩時に知ることになった「井之頭・黒門」さんの千社札をみつけました..
門をくぐって出た右側には、「不動明王」の大提灯前に絵馬の奉納が..

c0009981_8275948.jpg
c0009981_828741.jpg
c0009981_829514.jpg

by humsum | 2007-06-27 06:01 | 風景晴景

「花風景」五重塔と紫陽花と(高幡不動尊)

c0009981_14131316.jpg

紫陽花散歩..今年は、東京郊外・日野市にある「高幡不動尊」へ行ってきました..
正式名「高幡山金剛寺」です..この時期、紫陽花が境内に咲きそろって..それは見事だという事を聞いて確かめに行ってきました..7年前に、一度訪問しているのですが..7年も建つと、真新しくて違和感があって五重塔も、見事な色合いに変化していました..その先の山斜面にかけて..いろんな種類の紫陽花が、競っていました..「バス旅行」終了後は、「紫陽花散歩」を少しだけシリーズに..予告編です..

c0009981_14144421.jpg
c0009981_14145475.jpg
c0009981_19313234.jpg

by humsum | 2007-06-12 06:01 | 花風景

「バス旅行」小江戸川越・陶舗やまわ

c0009981_5203355.jpg
蔵造りの町並みを、歩いてきて..一番気に入った蔵造り「陶舗やまわ」の紹介を..
丁度、角地になっていて見事な入母屋作りで、目立っていました..大きな鬼瓦、黒漆喰の壁、観音開きの分厚い扉..イメージ持っていた蔵造りの条件が全部揃っていて..重厚感溢れています..
特に観音開きの扉は、街道に向かって三連も..鬼瓦は、一階の角がかなり大きく存在感有りです..
c0009981_312503.jpg
c0009981_313135.jpg
蔵は、明治26年に完成した建物だそうで..お店の脇では、ちょうど..人力車での観光で、説明を受けていました..もっと詳しい説明があったのでしょう..聞いて見たかったです..今回は、店舗の中には入らず..店舗脇から、遠くへ見えるお寺さんを経由して「菓子屋横丁」へ移動を..
c0009981_313947.jpg
c0009981_3131767.jpg

by humsum | 2007-05-26 06:01 | バス旅行

「バス旅行」小江戸川越・旧八十五銀行本店

c0009981_5581074.jpg
蔵造りの街並みが途切れ..存在感溢れる姿を現します..現在も埼玉りそな銀行川越支店として現役です..
既に紹介した「時の鐘」を和のランドマークとすると..洋のランドマークは、この「旧八十五銀行本店」でしょうか..

明治期に埼玉県唯一の国立銀行として、埼玉県入間郡川越町(現・川越市)に設立された「第八十五国立銀行」が前身..黒壁が立ち並ぶ中で、ドーム型の塔屋とゼブラ模様の壁は、かなり目立ちます..
(左隅っこに、佇んでいる赤いポストも..雰囲気作りをしていました..)
c0009981_5415631.jpg
c0009981_5382381.jpg
・竣工年:1918年(大正7年) ・設計:保岡勝也  ・構造:鉄骨鉄筋コンクリート造3階建て
c0009981_4354835.jpg

by humsum | 2007-05-24 06:01 | バス旅行

「バス旅行」小江戸川越・宝飾きんかめ

c0009981_5463778.jpg
蔵造りの町並みにあった、ユニークな洋風建物..「宝飾きんかめ」さんの紹介を..
キャッチコピーの「ないものはない」に感動です..肯定なのか、否定なのか..二通りの意味が有りますね..上手い!(微笑) 二階正面の文字は「右横書き」で一文字抜けてますが、ここにもその粋なキャッチコピーが..

建物正面は、アルミサッシになっていて残念..しかし、回り込んだ側面が素晴らしい..TOPの装飾、窓枠の意匠、それに南国風な木を配して..かなりお洒落です..

c0009981_5473163.jpg
c0009981_5473944.jpg

by humsum | 2007-05-20 06:01 | バス旅行

「バス旅行」小江戸川越・時の鐘

c0009981_523219.jpg
蔵造りの町並、真ん中辺り..「三色ねじり棒」が目立つ床屋さん向かいの奥に、この「時の鐘」が聳えている..

時の鐘は、寛永に川越城主酒井忠勝が、城下多賀町に建てたものが最初といわれている..現在の鐘楼は、明治26年に起きた川越大火の翌年に再建、 高さ約16メートル..約350年間 「時」を告げてきた..現在も1日に4回、 鐘の音を響かせてる..(川越市HPより引用)
残念ながら、未だに鐘の音を聞くチャンスに恵まれていない..やはりリベンジが必要です..
c0009981_417586.jpg
c0009981_4171439.jpg
人の流れが、時の鐘をくぐって奥へ..「薬師神社」があり、人の列が出来ています..御利益が「五穀豊穣、家運隆昌、病気平癒(特に眼病)」当方は、最後の眼病で御参りを..これからもパソコンが出来ますように..(微笑)
御参りを終え、ここでもかなりの枚数を撮影..また蔵造りの町並へ..
c0009981_4172133.jpg
c0009981_4172842.jpg
c0009981_4182774.jpg

by humsum | 2007-05-18 06:01 | バス旅行

「バス旅行」小江戸川越・蔵造りの町並み満載

c0009981_17582055.jpg
駐車場から15分との説明だったが、蔵造りの町へ辿り着くのに撮影で時間オーバーさせてしまったようだ..急げ..

この蔵のある町は、「一番街」という名称のようです..大きな鬼瓦、黒漆喰の壁、観音開きの分厚い扉..こんなイメージの蔵が延々と並んでいて壮観です..それぞれが、個性的な顔を持っています..少し天こ盛りになってしまったが、どれも外せなくなって載せてしまいました...
c0009981_17583124.jpg


c0009981_2043331.jpg

歴史を紐解くと..江戸時代の町割り(区画整理)に寄り、このような家並みが出来たが火災が多く..瓦葺きの耐火構造の建物を、幕府が奨励したのが、このような蔵造りの始まりとの事..平成11年になって、江戸の景観を受け継ぐ重要な歴史的遺産として「重要伝統的建造物群保存地区」に指定された..

景観を保ちながら、床屋、お菓子屋、郵便局等々..素敵な利用の仕方をしています..素晴らしい..
c0009981_2044434.jpg


「5月16日(水)定期検診で、休みます..」
by humsum | 2007-05-14 06:01 | バス旅行