デジカメ散歩写真

タグ:箱根 ( 67 ) タグの人気記事

「箱根」ガラスの森・アチェロへ入る

c0009981_8495535.jpg
水車小屋の中へ入ります..
ここは、「アチェロ」という名前のフルーツジャムとカナダ産メープルのお店でした..素敵な玄関口から内部へ入ると..棚に数々の商品が並べられていて..かなりのお客さんです....棚の上には、 木製のからくり人形がコトコトと動いています..イイ雰囲気です..楽しんでいる付き添いさんを残して..当方は、外の景色を撮影に..
c0009981_850381.jpg
c0009981_8501259.jpg
c0009981_8501916.jpg
外での撮影も一段落しましたが..まだ店内から出てくる様子がありません..待ちくたびれて呼びにいって..この素敵な緑の小径を次へ..結局は、このお店では買い物は無かったようです..(苦笑)
c0009981_8502835.jpg

by humsum | 2006-12-17 13:01 | 箱根

「箱根」ガラスの森・水車小屋へ

c0009981_2371991.jpg
ジェラートを頬張りながらの休憩タイムが終わりました..この日の予定は、このガラスの森だけなので..かなりノンビリした時間の使い方です..次は、森の小さな水車小屋が見えたので..移動を...

緑の中に、童話にでも出てくるような水車小屋が..周りでは..この時期の花が、大歓迎で迎えてくれました..水車小屋の中は、どんなものが待っているのでしょうか..
c0009981_2372696.jpg
c0009981_2373298.jpg
c0009981_2373951.jpg

by humsum | 2006-12-14 06:01 | 箱根

「箱根」ガラスの森・イタリアンジェラートを..

c0009981_3455736.jpg
結局は、ミュージアム・ショップでグラスを買うだけで、かなり時間を..どうも、付き添いさんの買い物に付き合うのは苦手です..(苦笑) ショップを出ると、目の前に広場があって..
イタリアンジェラートを買い求め、ここで休憩です...美味しかった!!
c0009981_346550.jpg
c0009981_3461339.jpg
休憩中に目撃した、ジェラートの店員さんの行動に、感激を..
お年寄りが階段を下りるのを難儀していたら..直ぐにお店を出て、手を携えてベンチまで案内を..こんな心遣いが、従業員に徹底しているのですね..益々、好きに..(お陰で、ジェラートの撮影を忘れたぁ..苦笑)
c0009981_3462351.jpg
c0009981_3463227.jpg
気になっていた花飾りを真ん中にした衝立状のオブジェ..脇の案内板には、リヴィオ・セグーゾ作「アドリア海の波」とありましたが..このオブジェの事を指しているのかどうか不明です..正しい情報をご存じの方、お教えください..

by humsum | 2006-12-10 14:01 | 箱根

「箱根」ガラスの森・ミュージアムショップへ

c0009981_4432128.jpg
ヴェネチアングラスの美術館を出ると..中庭を挟んで..ショップが併設されています..その中庭も、すてきな雰囲気でしたが..先程休憩したばかりなので..真っ直ぐに店内へ..
石段を降りると、世界各国のガラス製品をメインに素敵なアイテムが..それと、動物達のディスプレイが可愛いものばかりでした..気に入ったものを..
c0009981_4432920.jpg
c0009981_4433541.jpg
c0009981_4434348.jpg
勿論、ここでもヴェネチアングラスを販売していました..かなり小さなものでも数万円です..そんな繊細なグラスは、横目で眺め..実際に購入したのは、下のグラスです..
気に入ったのは..すねて真っ直ぐ立ってなくて、歪んで横縞なところです..自分を見ているようで..(微笑)
c0009981_4435091.jpg

by humsum | 2006-12-06 16:01 | 箱根

「箱根」ガラスの森・美術館から外へ

c0009981_6184448.jpg
一通り、美術館の見学を済ませました..
まだ先に、見るところが沢山ありそうです..美術館を出ることに..直ぐに判りました..暗い室内から、明るい出口が待っていました..途中のステンドグラスを使った装飾が見事でした..これもガラス細工でしたね..
c0009981_6185358.jpg
c0009981_618591.jpg
c0009981_61966.jpg
通路脇に、ヴェネチアングラス製作の道具類が展示されていました..色合いからしても古い道具なのでしょう..あの繊細な製品を、こんな道具だけで造り上げていたのでしょうか..もう神業ですね..
館外にも展示がありました..ビックリしたのは、この作品です..これも全てがガラス製でした..
c0009981_6191322.jpg

by humsum | 2006-12-03 06:01 | 箱根

「箱根」ガラスの森・館の階上へ

c0009981_820222.jpg
初めて見学したヴェネチアングラスは、(判らないまでも..)美しさに感動を..人の技って、凄いと改めて認識を..
更に階上へ移動..中二階には、鏡を中心にしたディスプレイが..これもヴェネチアングラスの技法で作られたものか..繊細な飾りが施されていて堪能を..
階下を見下ろす位置に、ライオン像が対に並んでいて、ちょっと失敬して可愛いお尻を..(微笑)
c0009981_8203181.jpg
c0009981_8203815.jpg
c0009981_16231470.jpg
最上階の展望室へ..ガラスばりの窓が広い視野を造り出しています..
溢れんばかりの緑を背景に..左に渡ってきた白い木橋が見え..中央遙か向こうには、水車小屋でしょうか..右は、カフェテラスのようです..それぞれが、可愛い小径で繋がっています..窓辺で少し、休憩を..
c0009981_8212273.jpg

by humsum | 2006-11-29 06:01 | 箱根

「箱根」ガラスの森・ヴェネチアングラスを愛でる

c0009981_637920.jpg
「聖マルコのライオン」の意味を勉強し..ヴェネチア共和国の歴史に少し触れ..いよいよヴェネチアングラスの展示室へ..趣有る石段をカーブして降ります..照明を落とした中世の館を摸した展示室が広がります..
初めて、こんな沢山のヴェネチアングラスを見ることが出来ました..知識無しですが..素晴らしさに感動を..
もう、目移りがして..無我夢中で見学&撮影を..
c0009981_6373895.jpg
c0009981_6375250.jpg
c0009981_63807.jpg
c0009981_638863.jpg
15~18世紀にかけてヨーロッパ貴族を熱狂させたヴェネチアングラスは
まさに卓越した技を尽くした美の極みです。 (ガラスの森HPより引用..)

by humsum | 2006-11-27 06:01 | 箱根

「箱根」ガラスの森・館で見学を

c0009981_5242744.jpg
長椅子に腰掛けて、優雅な気分を味わいながらの休憩を終え、内部の見学続行を..
中世ヴェネチアの街でしょうか..モザイク画を施した豪華な大鏡が右端に..中央には、ここにも有翼のライオン像が..次の間で、その有翼のライオン(聖マルコ)を描いた絵、その他の見学を..
c0009981_21361467.jpg
c0009981_5244320.jpg
ヴェネチアの画家・カルパッチョが描いた「聖マルコのライオン」
828年、新約聖書「マルコによる福音書」の著者・聖マルコの遺骸はヴェネチア共和国に運ばれ、守護聖人となった。国旗も聖マルコを意味する「聖書を持った有翼のライオン」で、サン・マルコ大聖堂・サン・マルコ広場等に、有翼のライオン像が残っている。
c0009981_5245765.jpg
マルチェッロ提督のモザイク画
15~16世紀にかけてヴェネチア派の画家に寄って描かれたマルチェッロ提督の肖像画の一つで、金づくめの衣装を纏っている
c0009981_525558.jpg
栄光のヴェネチアに思いを込めて作られたガラス細工の提督・御用船



15日(水曜日)定期検診で休みます..
(掲載は、16日まで延長です..)
by humsum | 2006-11-14 06:01 | 箱根

「箱根」ガラスの森・橋を渡って

c0009981_5521249.jpg
テラスからの景観を楽しんで、次へ行動です..
右側の小径から..中央に見える白い木橋を渡って「ヴェネチアングラス美術館」へ向かいます..美術館は、中世貴族の館でも摸したものでしょうか..明るい太陽の下で優雅な姿を..途中、花を愛でながら、木橋へ..
c0009981_5522033.jpg
c0009981_5522877.jpg
木橋を渡ると目の前に、館が大きく広がります..先程まで全景を眺めていたテラスは、館の一部だったようです...ヴェネチアの擬似的体験でも徐々に心がワクワクと..(微笑)   橋向こうに..後で散策予定の彩り良い中庭が、見えています..木橋を渡り終え、館内へ..煌びやかな調度品を鏤めたフロアが待っていました..
c0009981_5523863.jpg
c0009981_5524669.jpg

by humsum | 2006-11-10 06:01 | 箱根

「箱根」ガラスの森・中へ

c0009981_65285.jpg
付き添いさんは、前庭の地階にある荷物の預かり所へ..その間、周りの彫刻の撮影です..どうもホテルで、彫刻を撮ったクセが抜けてないようです..(苦笑) 右のライオン..なんだか照れ笑いでお茶目です..(微笑)
ガラスのエントランスをくぐって、チケット売場に..いよいよ、入場です..
c0009981_55756.jpg
c0009981_5571368.jpg
c0009981_5572055.jpg
明るい外へ..まだ位置関係を掴めないままに..全体が見渡せるテラスへ出ました..素敵な景観が広がります..しかし、残念なのは、目の前の水の都が渇水状態になっていた事です..(なんと営業中に、メンテナンスの為に水の入替が..この事さえなければ、かなり高い満足度だったのですが..)
しかし!大きな優しい心でもって..満々たる水をたたえた風景を想像しました..(微笑)
c0009981_5572795.jpg

by humsum | 2006-11-08 06:01 | 箱根